鈴木英世

鈴木英世

毎日新聞東京本社運動部記者

1974年、福島県生まれ。東京大卒。2002年、毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社情報編成総センターを経て、東京本社運動部。09年から13年は中部報道センターでプロ野球、大相撲、サッカーなどを取材し、13年4月に東京本社に戻ってからはプロ野球、サッカーを担当している。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「産休中の社会保険料は?」出産した28歳女性の疑問

 会社員のA香さん(28)は約1カ月前に出産し、今は産休中です。産前休業前から体調を崩して休むことになりました。その際、休んだ期間…

知ってトクするモバイルライフ
サムスン担当者が説明するギャラクシー搭載の「デックス」。進化してウィンドウズパソコンとも連携

「アップル意識」サムスンがマイクロソフトと連携強化

 サムスン電子は「ギャラクシーノート10」「10+」の投入に合わせ、マイクロソフトとの提携関係を強化する。サムスンが米ニューヨーク…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キシニョフの中央市場入り口。新奇なデザインだが中は途上国そのものの空間(写真は筆者撮影)

「モルドバ日帰り旅」欧州最貧国のカオスな巨大市場

 ◇ブルガリア・ルーマニア・モルドバ編(5) モルドバ。旧ソ連を構成した15の共和国のうち、最もマイナーな存在だった、旧モルダビア…

ニッポン金融ウラの裏
ニューヨーク証券取引所

運用の世界で起きた機関投資家の“ベクトル”の変化

 日本の主要な上場企業の経営者は、国内で決算発表を終えた直後に米国や欧州の投資家を訪問し、IR活動(情報発信)を行うのを常としてき…

メディア万華鏡
中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に展示されていた「平和の少女像」(右)などの作品=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影

芸術かヘイトか?「表現の不自由展」もメディアの分断

 映画「新聞記者」評同様、“分断”が気になっていた。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする「平和の…