あなたの銀行口座にいま1000万円たまっていたら、どうしますか。当面使う予定はなく、住宅ローンの返済や教育費はめどがあるとしましょう。このお金はいざという時の備えであり、それを元手に老後資金も増やしていきたい。今までなら、銀行に預けておいて問題はありませんでした。利息はほとんど付きませんが、デフレで物価が下がっていたので、お金の価値は変わりませんでした。<この記事は毎日新聞ニュースサイトで2015年2月3日に掲載したものです>

この記事は有料記事です。

残り1436文字(全文1652文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

玉川陽介

コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ代表

1978年、神奈川県生まれ。学習院大学在学中に統計データ処理受託の会社を起業。2006年に同社を上場企業に譲渡。個人投資家として海外債券、不動産投資信託(REIT)と国内不動産へ投資を行う。著書に「不動産投資 1年目の教科書」(東洋経済新報社)、「海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」(日本実業出版社)など。

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。