海外特派員リポート

全米桜祭りの裏側で渦巻く日中韓の思惑

清水憲司・毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)
  • 文字
  • 印刷
ポトマック川ほとりを彩る桜=米国ワシントンで2015年4月、清水憲司撮影
ポトマック川ほとりを彩る桜=米国ワシントンで2015年4月、清水憲司撮影

 今冬は例年にない積雪に見舞われたワシントン。ようやく桜が咲き始めた4月中旬、乗り合わせたバスの車内は、春の到来に話題が集中していた。近くに座った30代ぐらいの男性が「桜は日本人からの素晴らしい贈り物だよ」と言うと、運転手が大きくうなずいた。

 市街地に近いポトマック河畔の桜並木は、1912年、尾崎行雄・東京市長らが約3000本を贈ったのがはじまり。これを記念した「全米桜祭り」には毎年150万人が訪れる。

 約3週間にわたって開かれる桜祭りの期間中の最後の週末、メイン会場の目抜き通りには焼き鳥やたこ焼きなど、どの露店にも100メートル以上の行列ができ、身動きするのも難しいほど。近郊に住む日本人が着物の着付け、けん玉、おはしを使ったゲームといった手作りのコーナーを数多く出店し、こちらもてんてこ舞いの様子だった。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1388文字)

清水憲司

毎日新聞経済部副部長(前ワシントン特派員)

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。