ビジネスマンの投資術

自分の直観を信じて株を買ってみる

広木隆・マネックス証券チーフ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
東京都中央区の東京証券取引所=関口純撮影
東京都中央区の東京証券取引所=関口純撮影

 筆者は、当コラム第1回で「Just Do It、頭であれこれ考えるより、今すぐにでも株を買おう」と述べた。「ぱっと思いついた銘柄、その程度でよい、あなたが『いい』と思う銘柄の株を買ってみることだ」とも。まずはあなたの「直観」を信じよう、ということだ。

投資センサーを働かせるには

 20年間無敗の雀鬼・桜井章一氏と、麻雀(マージャン)最強位タイトルホルダーのサイバーエージェント社長・藤田晋氏の2人が書いた「運を支配する」(幻冬舎新書)にも、「直観の9割は正しい」という言葉がある。麻雀つながりで「麻雀放浪記」の作者・阿佐田哲也氏の言葉を引こう。

 「見(けん)は有利なしのぎ方ではない」

この記事は有料記事です。

残り1355文字(全文1647文字)

広木隆

マネックス証券チーフ・ストラテジスト

1963年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社などの運用機関でファンドマネジャーを歴任。2010年から現職。経験と知識に基づいた金融市場の分析を行う。著書に「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)など。マネックス証券ウェブサイトで、最新ストラテジーレポートが閲覧できる。http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/strategy/index.htm