玉川さん(右)と今沢論説委員
玉川さん(右)と今沢論説委員

 「株価2万円はバブルか」。今回はプロ投資家で不動産投資会社経営の玉川陽介さんの見方を紹介します。玉川さんは「株価2万円はバブルではない」と見ていますが、ただし、現時点で日本経済がバラ色に染まりつつある、とまで楽観はしていない様子です。

玉川さん「右肩上がりの経済循環が必要」

 株価2万円はバブルではありません。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による株価対策が功を奏して、日経平均株価は心理的な節目となる2万円前後まで上昇しています。この背景には日本銀行やGPIF(注)による日本株買いを支援する政策があります。米国株の好調という海外事情の影響もあり、日本経済の実力のみで株価2万円付近に達したわけではありません。

 これをバブルというならば、官製相場による日本株バブルだといっても差し支えはありません。しかし、株価…

この記事は有料記事です。

残り1276文字(全文1635文字)

玉川陽介

玉川陽介

コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ代表

1978年、神奈川県生まれ。学習院大学在学中に統計データ処理受託の会社を起業。2006年に同社を上場企業に譲渡。個人投資家として海外債券、不動産投資信託(REIT)と国内不動産へ投資を行う。著書に「不動産投資 1年目の教科書」(東洋経済新報社)、「海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」(日本実業出版社)など。

今沢真

今沢真

毎日新聞経済プレミア編集長兼論説委員

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から現職。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
インタビューに答えたアップルのフィリップ・シラー上級副社長

アップル副社長が語る「iPhoneを支えるAIのスゴさ」

 iPhone XS、XSマックスの発売から、3カ月がたとうとしている。価格を抑えたXRも、11月に登場した。今年のiPhoneは…

ニッポン金融ウラの裏
 

日本では育たない?独立系金融アドバイザー「IFA」

 リテール証券の営業の新たな担い手として注目されているのがIFA(独立系フィナンシャルアドバイザー)だ。証券会社や銀行から独立し、…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」は慰霊碑であるとともに現代アートのマスターピースでもある(写真は筆者撮影)

ベルリンで藻谷氏が見た「ナチスの忌まわしい記憶」

 ◇ドイツ・ベルリン編(2) 28年ぶりに訪れたベルリンは、ドイツの首都らしく堂々とした、しかしどこか人影が少なく人工的な雰囲気の…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「有休取らない社員」年5日取得義務化でどう変わる

 A夫さん(46)は、社員数約50人のソフトウエア開発会社の経営者です。3年ほど前から社員の働き方を見直したり、年次有給休暇の取得…

メディア万華鏡
「伝統と創造の会」総会に臨む稲田朋美氏=衆院第2議員会館で2017年12月11日、川田雅浩撮影

本当の敵は誰なのか?「名誉男性」批判へのモヤモヤ感

 「稲田朋美って『名誉男性』なんだって。分かる」というメールが友人から届いて以来、モヤモヤが続いている。 ◇稲田朋美氏に続き杉田水…