玉川さん(左)と今沢論説委員
玉川さん(左)と今沢論説委員

 「株価2万円はバブルか」。今回は経済プレミア編集長の今沢真・毎日新聞論説委員の見方を紹介します。今沢論説委員は「バブルと決めつけることはできない」としながらも、超金融緩和を実施する日銀のシナリオが崩れた際の大混乱を心配しています。

今沢論説委員「砂上の楼閣の一面もある」

 株価は直接的には企業業績を反映します。4〜5月に発表された2015年3月期の上場企業の決算は、全体として史上最高益になりました。このため、日経平均株価が2万円になったことを「バブル」と決めつけることはできません。

 ただし、株高を演出しているのは日銀の超金融緩和です。この先、もし、日銀がその意に反して国債の大量購…

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1758文字)

玉川陽介

玉川陽介

コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ代表

1978年、神奈川県生まれ。学習院大学在学中に統計データ処理受託の会社を起業。2006年に同社を上場企業に譲渡。個人投資家として海外債券、不動産投資信託(REIT)と国内不動産へ投資を行う。著書に「不動産投資 1年目の教科書」(東洋経済新報社)、「海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」(日本実業出版社)など。

今沢真

今沢真

毎日新聞経済プレミア編集長兼論説委員

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から現職。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。