海外特派員リポート

英国総選挙の舞台裏 戸別訪問を一緒に歩いた

坂井隆之・統合デジタル取材センター副部長(元ロンドン特派員)
  • 文字
  • 印刷
戸別訪問をする運動員たち=坂井隆之撮影
戸別訪問をする運動員たち=坂井隆之撮影

 5月7日、英国で5年に1度の総選挙が実施された。議会制民主主義の本場とされる英国の選挙運動の現場を見るため、選挙戦終盤の4月下旬、2大政党の一つである労働党の選挙運動に同行させてもらった。

 向かったのはスコットランド西部ペイズリーの高台にある閑静な住宅街。午後1時半、集合場所に指定された公共施設に着くと、すでに運動員たちが辺りの住宅への訪問を開始していた。地方支局に勤務していたころ選挙は何度も取材したが、日本では戸別訪問が禁止されているため、実際に見るのは初めてだ。

この記事は有料記事です。

残り1446文字(全文1682文字)

坂井隆之

統合デジタル取材センター副部長(元ロンドン特派員)

1972年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で日銀、金融庁、財務省などを担当。12年~16年、欧州総局(ロンドン)特派員として、欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。20年4月から現職。共著に「AIが変えるお金の未来」(文春新書)など。