経済プレミアインタビュー

出澤LINE社長(1)「ユーザーの声徹底的に聞いた」

編集部
  • 文字
  • 印刷
出澤剛・LINE社長=東京都渋谷区で2015年5月19日、猪飼健史撮影
出澤剛・LINE社長=東京都渋谷区で2015年5月19日、猪飼健史撮影

 無料通信アプリLINE(ライン)は友人との交流に欠かせないツールになった。サービスを運営する株式会社LINEは4月1日に、出澤剛(いでざわ・たけし)氏(41)が代表取締役最高執行責任者(COO)から社長に昇格した。出澤氏はLINEの急拡大について「無料通話とスタンプ機能の導入が転機だった」と語った。LINEの現状と今後を、経済プレミア編集長の今沢真・毎日新聞論説委員が聞いた。2回に分けてお伝えする。【構成・川村彰、写真・猪飼健史】

 ──LINEのサービスのスタートは2011年6月です。出澤さんはその時、LINE事業には直接関わっ…

この記事は有料記事です。

残り2246文字(全文2514文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz