この酒場この一品

居酒屋の締めチャーハン、という幸せ

印束義則・ライター
  • 文字
  • 印刷
締めに食べたいチーユチャーハン
締めに食べたいチーユチャーハン

 酒場は楽しい。極上の料理と、酒と、心地よさ。そんな、明日の活力となる元気のもとがあふれている。その楽しみ方は千差万別だ。例えば、居酒屋の隠れた名物メニューに「チャーハン」があることをご存じだろうか? 

 チャーハンと言えば中華料理店の定番料理だが、「居酒屋チャーハン」はひと味違う魅力を秘めている。

 中華料理店が「チャーハン」というまっすぐな視点で料理を作るのに対し、居酒屋は店で扱う食材をベースに、自由気ままな発想でチャーハンを組み立てる。そのため、居酒屋のタイプだけチャーハンの種類がある。とっぴなメニューも多いが、これが実においしいのである。

 東京・板橋の「中仙酒場 串屋さぶろく」(都営地下鉄三田線本蓮沼駅近く)には、「チーユチャーハン」「ホタルイカチャーハン」(それぞれ680円税別)という、いっぷう変わったメニューがある。前者は「チーユ」という油が主役のチャーハン。後者は、本来季節感のないメニューに季節感を持ち込んだ、春のチャーハンだ。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1409文字)

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。