株価2万円はバブルか

「市場に割高感なし」vs「落とし穴を見逃すな」

玉川陽介・コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ代表今沢真・経済プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 プロ投資家と経済専門記者の経済分析を紹介するシリーズ「株価2万円はバブルか」。今回は投資家・玉川陽介さんと今沢真・毎日新聞論説委員の対談です。2人とも「株価2万円はバブルとは言えない」という見方でした=「経済は好循環まであと一歩」「株高は『砂上の楼閣』だ」=を参照。日本経済は本格的に回復しているのか、じっくり語り合いました。2回に分けてお届けします。【構成・川村彰、田中学】

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1445文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

玉川陽介

コアプラス・アンド・アーキテクチャーズ代表

1978年、神奈川県生まれ。学習院大学在学中に統計データ処理受託の会社を起業。2006年に同社を上場企業に譲渡。個人投資家として海外債券、不動産投資信託(REIT)と国内不動産へ投資を行う。著書に「不動産投資 1年目の教科書」(東洋経済新報社)、「海外ETFとREITで始める インカムゲイン投資の教科書」(日本実業出版社)など。

今沢真

経済プレミア編集部

1959年東京都生まれ。早稲田大法卒。83年毎日新聞社に入社。静岡支局、東京本社整理本部を経て89年経済部。税・財政や金融政策を担当、銀行、メーカー、流通業を取材する。2013年から論説委員として毎日新聞の社説を執筆。15年6月から経済プレミア創刊編集長、19年6月から同編集部。16年「東芝 不正会計 底なしの闇」(毎日新聞出版)を出版。城西大非常勤講師のほか、日大経済学部などで教壇に立つ。