ニュースアプリ最新事情

SmartNewsにみるアルゴリズム中心主義

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
スマートニュース社執行役員の藤村厚夫さん
スマートニュース社執行役員の藤村厚夫さん

 スマートフォンが普及し、ニュースをアプリでチェックすることは日常の風景になった。しかし、それはここわずか3年ほどの間に起こったことだ。ニュースのスマホ化は、私たち読み手や送り手にどのような変化をもたらすのだろうか。膨大な量のニュースを収集して選別・提示するニュースキュレーションアプリの国内最大手「SmartNews」を展開する、スマートニュース社の藤村厚夫執行役員に聞いた。第1シリーズ(全4回)の1回目は、SmartNewsの特徴を明らかにする。

 SmartNewsアプリがリリースされたのは2012年12月。それから3年もたたない15年5月には、1200万ダウンロード突破が発表された。グローバルな集計であり、重複もあるため単純に比較はできないが、国内最大手の日刊紙、読売新聞の発行部数が約911万部(注1)であることを考えると、ニュースを送り届ける媒体としての規模感は大きい。ネットサービスの利用頻度を示すMAU(マンスリー・アクティブ・ユー…

この記事は有料記事です。

残り1953文字(全文2379文字)

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。