経済プレミアインタビュー

STAP細胞事件「捏造の科学者」の深層描きたかった

編集部
  • 文字
  • 印刷
「捏造の科学者」を執筆した須田桃子記者(左)。右は元村有希子編集委員=関口純撮影
「捏造の科学者」を執筆した須田桃子記者(左)。右は元村有希子編集委員=関口純撮影

大宅壮一ノンフィクション賞受賞の須田桃子記者に聞く(1)

 「捏造(ねつぞう)の科学者 STAP細胞事件」(文芸春秋刊)。2014年、世の中を騒がせた歴史に残る科学スキャンダルを追った著作が、大宅壮一ノンフィクション賞に選ばれました。19日の贈呈式を前に、著者の毎日新聞科学環境部、須田桃子記者の話を、科学記者の先輩である元村有希子編集委員とともに聞きました。4回に分けて掲載します。【聞き手、経済プレミア編集長・今沢真、写真・関口純】

 ──まず本のタイトル「捏造の科学者」。この直接的な表現が、最後まで釈然としなかったSTAP細胞事件…

この記事は有料記事です。

残り2928文字(全文3195文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz