STAP細胞事件について語る須田桃子記者(中央)と、元村有希子編集委員
STAP細胞事件について語る須田桃子記者(中央)と、元村有希子編集委員

政治・経済経済プレミアインタビュー

STAP細胞事件 理研は何を守りたかったのか

編集部

「捏造の科学者」著者の須田桃子記者に聞く(3)

 「捏造(ねつぞう)の科学者 STAP細胞事件」(文芸春秋刊)の著者、毎日新聞科学環境部、須田桃子記者へのインタビュー第3回は、理化学研究所という組織の問題に進みます。科学記者の元村有希子編集委員とともに話を聞きました。【聞き手、経済プレミア編集長・今沢真、写真・関口純】

 ──STAP細胞報道を見ていて、問題をここまで拡大させたのは理化学研究所のリスク対応、危機管理がな…

この記事は有料記事です。

残り2136文字(全文2345文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz