経済プレミアインタビュー

決算発表できない東芝にいったい何があったのか

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝問題について語る片平知宏記者(左)と谷川貴史記者
東芝問題について語る片平知宏記者(左)と谷川貴史記者

毎日新聞・東芝取材チームに聞く(1)

 不適切な会計処理を巡る問題で、東芝が決算を公表できない事態に陥っている。6月25日に東京都内で定時株主総会が予定されているが、その総会で決算報告ができず、無配に陥り、9月末までにもう一度株主総会を開くという異例の対応がなされる。なぜ、東芝がこんな状態になったのか。毎日新聞経済部で民間企業を担当し、東芝の問題を追いかけている片平知宏記者と、民間企業取材チームのキャップを務める谷川貴史記者の2人に聞いた。【聞き手・今沢真経済プレミア編集長 写真・望月亮一】

 ──東芝は日本を代表する大企業です。その名門企業で決算発表ができない、株主総会も2回開かなければな…

この記事は有料記事です。

残り2208文字(全文2505文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz