ビジネスマンの投資術

ガソリンスタンド店員が資産10億円を稼いだ方法

広木隆・マネックス証券チーフ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷
東京都内で=関口純撮影
東京都内で=関口純撮影

 株式投資を、まるで「宝さがし」のように特別難しいものと思ってしまうのかもしれないが、投資は決して特別なものではない。誰でも簡単にできるのだ。「論より証拠」のニュースを紹介しよう。

 アメリカのバーモント州にロナルド・リード氏という人がいた。彼は約1年前に92歳で他界したが、資産を調べたところ、時価にして約800万ドル(日本円で10億円近く)もの株券が出てきたのである。

 リード氏はずっと、地元でガソリンスタンド店員や百貨店の清掃作業員などの仕事をして生計を立てていた。…

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2021文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

広木隆

マネックス証券チーフ・ストラテジスト

1963年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社などの運用機関でファンドマネジャーを歴任。2010年から現職。経験と知識に基づいた金融市場の分析を行う。著書に「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)など。マネックス証券ウェブサイトで、最新ストラテジーレポートが閲覧できる。http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/strategy/index.htm