ニュースアプリ最新事情

ニュース市場に「ブルーオーシャン」はあるのか

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
NewsPicks編集長の佐々木紀彦氏
NewsPicks編集長の佐々木紀彦氏

 いま、ニュースアプリは群雄割拠の状況だ。スマホでのインターネット利用には、いわゆるポータルサイトが現状存在しない。最初に起動されるアプリを巡る争いは、ゲームやメッセージアプリなどジャンルを超えて激しさを増している。その中で独自の立ち位置を強調するNewsPicksは、どのような戦略をとっているのだろうか。

 NewsPicksが経済ジャンルに特化したのには理由がある。ユーザベース社は、もともとB2B(法人向け、ビジネスtoビジネス)の企業情報データベース「SPEEDA」(スピーダ)というサービスを作った。そこからB2C(消費者向け、ビジネスtoコンシューマー)に展開したのがNewsPicksだったと、佐々木氏は話す。

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2048文字)

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。