週刊エコノミスト・トップストーリー

パナソニックに走った「テスラショック」とは!?

エコノミスト編集部
  • 文字
  • 印刷

 パナソニックに「テスラショック」が走っている。同社は電池事業で電気自動車(EV)世界大手の米テスラ・モーターズと協業しているが、テスラからの発注が4月に大幅に減っていたことが分かった。(エコノミスト編集部・谷口健)

「単純に一時的なもの」と説明しているが

 車載事業などを担当するパナソニック・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ(AIS)の伊藤好生社長(兼パナソニック専務)は、4月に起きたテスラ向けの出荷減少の事実関係を認めたうえで、「単純に一時的なもの」としたが、今後の両社の協業には不安材料となりそうだ。

 パナソニックは、テスラのEVに搭載する車載電池の電池セルを大阪・住之江工場と貝塚工場で製造している。このため、「同社からテスラ向けの電池セル出荷数は、大阪税関から米国向けの数字に反映すると見られる」(電機アナリスト)という。同税関から米国向けに輸出されたリチウムイオン電池の統計データを見ると、4月の金額は4・3億円で前年同期比約90%減、前月比では約93%減という大幅減となっている。

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1541文字)

エコノミスト編集部

藤枝克治編集長率いる経済分野を中心として取材、編集するチーム。経済だけでなく社会、外交も含め幅広く取材する記者の集団であり、各界の専門家にコラムや情報提供を依頼する編集者の集団でもある。