経済プレミア・トピックス

アップルはミュージシャンとレコード会社を生かすのか

石川温・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
3000万曲以上の楽曲がそろうアップルミュージックの発表会
3000万曲以上の楽曲がそろうアップルミュージックの発表会

 音楽を聴き放題で楽しめる定額サービスが盛り上がりを見せてきた。日本ではすでにNTTドコモが「dヒッツ」、KDDIが「うたパス」という定額配信サービスを提供しているが、5月から6月にかけてエイベックスとサイバーエージェントが「AWA」、LINEが「LINEミュージック」をスタート。6月30日にはアップルが「アップルミュージック」の提供を始める。

 海外で人気の「スポティファイ」も年内に日本に上陸すると言われており、「音楽を定額で聴く」というスタ…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2030文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。