ベストセラーを歩く

ピース又吉「火花」が問う、笑いの本質

重里徹也・文芸評論家、聖徳大教授
  • 文字
  • 印刷
小説「火花」の刊行を受け、報道陣の質問に答えるお笑い芸人のピース 又吉直樹さん=矢頭智剛撮影
小説「火花」の刊行を受け、報道陣の質問に答えるお笑い芸人のピース 又吉直樹さん=矢頭智剛撮影

 お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(35)のベストセラー小説「火花」(文芸春秋刊)が芥川賞候補になった。(編集部注;「火花」はその後、第153回芥川賞を受賞しました)本格的な純文学作品で、「人気芸人の作品という話題作り」と切り捨てられない中身を持つ。

 又吉さんは1980年大阪府生まれ。吉本総合芸能学院(NSC)東京校を経て2003年、お笑いコンビ「ピース」を結成した。読書好き、本屋好きとして知られ、著書に「第2図書係補佐」などがある。NHK教育テレビの経済番組「オイコノミア」にレギュラー出演するほか、バラエティー番組にも引っ張りだこだ。

 「火花」は又吉さん初の純文学小説。3月の刊行以来、発行部数は54万部(6月末)。文芸評論家の重里徹…

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文2076文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。