部下を伸ばす上司 ダメにする上司

必要なスキルを決めて部下を育てるのが上司だ!

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 部下が仕事に必要なスキルを身につけるには、上司が育成計画を立てる必要があります。そのためには、部下の現状とあるべき姿を、モレとダブりのない切り口で評価し、検討すべきことをお伝えしてきました。今回は、育成計画とその運用の手法です。

現状のレベルと求めるレベルを明確に分ける

 私の知るIT業界の例から、育成計画の記述について考えます。図1のエクセルシートを参考にしながら読み進めてください。

 まず、部下に身につけさせたいスキルをいくつか並べます。前回示した「○○システム導入プロジェクトで×…

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文956文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。