海外特派員リポート

英国 移民排斥の風潮にポスターで一石

坂井隆之・毎日新聞経済部副部長(前ロンドン特派員)
  • 文字
  • 印刷
ポスターの前で記念撮影をするタジさん(左から4人目)ら参加者たち
ポスターの前で記念撮影をするタジさん(左から4人目)ら参加者たち

 英国内の駅のホームを歩いたりエスカレーターに乗ったりしていると、「あ、ここにも」と目に留まるポスターがある。人目を引く鮮やかな黄色の背景に、くっきりと「I AM AN IMMIGRANT(私は移民)」の文字。いろんな人種の男女が、少し照れたような、でも誇らしそうな表情で、ほほ笑みかけている。

 ポスターに記されているのは、名前と職業、それから「7年間、人命を救ってきた(消防士)」「1日約675家庭に郵便を届けてきた(郵便配達)」といった簡単な自己紹介だけ。声高な主義・主張は見当たらない。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1401文字)

坂井隆之

毎日新聞経済部副部長(前ロンドン特派員)

1973年、京都市生まれ。広島大学大学院修了。98年毎日新聞社入社。千葉支局を経て、2003年から経済部で日銀、金融庁、財務省などを担当。12年~16年、欧州総局(ロンドン)特派員として、欧州、中東、ロシア、アフリカの経済ニュースをカバーした。共著に「AIが変えるお金の未来」(文春新書)など。