「学ぶこと働くこと」現代就活模様

出版社一本に絞った女子学生の崖っぷち感とは

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷

編集者を目指した木村良子さんの苦闘と今(1)

 中学生のころから出版社の編集者に憧れていた木村良子さん(22)=仮名=は、今年3月、東京都内の私立大学を卒業した。大学では、マーケティングなど出版業界の研究を続け、「初志貫徹」を目指した。だが、出版業界は狭き門、就職は簡単ではない。彼女の苦闘と今を追った。

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1818文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。