知ってトクするモバイルライフ

格安スマホ、端末価格は1万円から5万円台まで

石野純也・ケータイジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
台湾ASUSが開発した「ゼンフォン2」は、SIMフリースマホの代表格。音量キーが背面につくなど、形状にも特徴がある
台湾ASUSが開発した「ゼンフォン2」は、SIMフリースマホの代表格。音量キーが背面につくなど、形状にも特徴がある

 格安スマホにしようと思ったとき、重要になるのが「端末選び」だ。主な販路は二つある。

 一つは通信回線とセットで端末を購入するケース。大手通信事業者から回線を借りるMVNO業者が、独自に選んだスマホ端末を取り扱っている場合だ。最近では、24回払いなどの割賦販売も導入されている。

 二つめは、家電量販店やネットショップでスマホ端末だけを単体で買うケース。より広い選択肢を求めるなら、こちらになる。

 端末のバリエーションは、NTTドコモなどの大手通信事業者で購入する場合と大きく異なる。一般的になじ…

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文1799文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。