東芝問題リポート

元社長2人の対立で20万人東芝グループの危機

編集部
  • 文字
  • 印刷
社長就任会見をする佐々木氏(右)と、当時社長だった西田氏。2人の間にいったい何があったのか=東京都港区で2009年3月18日
社長就任会見をする佐々木氏(右)と、当時社長だった西田氏。2人の間にいったい何があったのか=東京都港区で2009年3月18日

 東芝の不適切な会計処理を巡る問題で、歴代社長がかかわっていた疑いが浮上している。取りざたされている元社長の西田厚聡(あつとし)相談役(71)と、前社長の佐々木則夫副会長(66)は2人とも経団連の役員を務め、活発に発言してきた大物財界人だ。

 この元トップ2人の確執が一連の問題の背景にあることは、当初から一部で指摘されてきた。2人はいったいどんな経営者だったのか。なぜ2人は対立したのか。

この記事は有料記事です。

残り2062文字(全文2256文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz