IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

周波数に完全対応していない格安スマホの落とし穴

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 「格安SIM」と組み合わせて使う、SIMフリーのスマホだが、選択する際には注意しなければいけないことがある。もっとも重要だが、利用者にとって分かりづらいのが、対応する「周波数」だ。選ぶ機種によっては、エリアが狭くなってしまうこともあり、都市部以外に住む人は、特に気をつけておきたい。

 スマホに限らず、携帯電話は電波を使って通信を行う。携帯電話も無線機の一つで、電波の波長を合わせて基地局と通信している。テレビやラジオの設定をしたことがある人にはわかりやすいと思うが、これらもアンテナから発信されている特定の周波数に合わせることで、映像や音声を受信している。原理的には、携帯電話も同じだ。一般的に、携帯電話事業者は複数の周波数を持ち、それらを組み合わせてエリアを構築している。

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1927文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。