キャリアセンター ここだけの話!?

有給インターンシップは就活を大きく変える

都内・某共学大進路指導担当
  • 文字
  • 印刷

 インターンシップといえば、アルバイトとは違って「無給」「無報酬」が原則だったが、ここに来て、国の方針が大きく変わりつつある。

 具体的な動きとしては、6月30日に閣議決定された「日本再興戦略」の改訂版に、有給のインターンシップが「産学連携で推進すべきもの」として明記された。

 インターンシップ推進に政府が本腰を入れたのは、今から18年前の1997年。この年の9月に文部省、通商産業省、労働省(当時)が「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」をまとめた。そこでは、教育・学習の場としてのインターンシップが強調され、「報酬あり」のインターンシップについての言及はなかった。

 ところが、昨年4月に改訂された「基本的考え方」に初めて、「多様な形態のインターンシップ」という項目…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文928文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

都内・某共学大進路指導担当

東京都内の共学の大学の「キャリアセンター」に勤めるベテラン大学職員。大学生の就職活動の支援や、進路指導を担当している。