マンション・住宅最前線

マイホーム購入適齢期「30〜35歳」説のウソ

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
エクセレントシティ原木中山のLDK
エクセレントシティ原木中山のLDK

 マイホームを購入するのに適した年齢、つまり、マイホーム購入適齢期は何歳か。その答えとして、従来は「30歳から35歳」という目安があった。それは、合理的な計算から導き出された目安だった。

 まず、若すぎると給料が少なく、住宅ローンで借りることのできる金額も抑えられる。ある程度社歴を積み、給料が上がってからのほうが望ましい。

 ただし、給料が上がるのを待ち過ぎると、今度は二つの問題が生じてしまう。ひとつは、子供が大きくなって…

この記事は有料記事です。

残り1699文字(全文1910文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。