東芝問題リポート

東芝を組織ぐるみで不正に走らせた魔の言葉「チャレンジ」

編集部
  • 文字
  • 印刷
社長交代会見で田中久雄現社長(中央)を挟む西田厚聡氏(左)と佐々木則夫氏=2013年2月
社長交代会見で田中久雄現社長(中央)を挟む西田厚聡氏(左)と佐々木則夫氏=2013年2月

 東芝は20日夜、第三者委員会の調査報告書の概要を発表し、東芝が歴代3社長のもとで利益を水増しし、不正な会計処理を続けていたと認定した。

 歴代3社長は、「チャレンジ」と称して過剰な業績改善を各事業部門に要求した。報告書はその経緯を詳細に記述している。社長が出席する会議で「チャレンジ」という形で示された数値目標は、達成が必須の額として位置づけられ、厳しい圧力で各事業部門にのしかかった。

 この「チャレンジ」という言葉が、東芝を組織ぐるみで不正に走らせたキーワードだった。

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2255文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz