シゴト勘が身につく15の方法

海外で働きたい早大生が見つけた仕事観とは

羽田啓一郎・マイナビ キャリアデザイン推進課長
  • 文字
  • 印刷
日立製作所のビジネスコンテスト「企業プロジェクト」で優勝した早稲田大学チーム
日立製作所のビジネスコンテスト「企業プロジェクト」で優勝した早稲田大学チーム

 今回は、前回紹介した日立製作所のビジネスコンテスト「企業プロジェクト」で優勝した早稲田大学2年生チームの小山田一馬さん(20)=現在は3年生=を紹介する。途上国の水不足を解決するビジネスに関わりたいと考える小山田さんは、コンテストで将来へのヒントを得て、新たな一歩を踏み出そうとしている。

「冷蔵庫を作る会社がなぜ社会問題を?」

 友人の誘いで企業プロジェクトに参加した小山田さん。メンバーは、政治経済学部国際政治経済学科の仲間4人組で、海外志向の強い面々だった。日立製作所を選んだ理由を「メンバーが海外で働くことを望んでいたので、多くの製品を海外展開する日立製作所を選ぶのは必然でした」と言う。

 その日立製作所が課したテーマは、「ITで社会問題を解決するビジネスプラン」。小山田さんは不思議に思…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1701文字)

羽田啓一郎

マイナビ キャリアデザイン推進課長

1979年神奈川県生まれ。2003年立命館大学を卒業後、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社。就職情報サイト「マイナビ」を運営する就職情報事業部を経て、11年4月からキャリアデザイン推進課長。13年から「MY FUTURE CAMPUS」を主宰している。同志社女子大学嘱託講師も務める。