スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

部下のリスクは、予算、工程、仕事ぶりで見抜け

細川義洋 / ITコンサルタント

 IT紛争が起こり、裁判所にやってくるITシステムの発注者側にはいくつか共通点があります。その一つがリスク対応のまずさ。組織全体がリスク対応をしていないか、遅すぎるかのどちらかです。

 もともとITシステム開発では、予算もスケジュールも予定通りにいかないことがよくあります。費用が見積もりの3倍に膨らんだり、システム導入時期が当初予定から半年ほど遅れたりすることも珍しくありません。こうした背景から、IT業界ではリスク管理の意識が高く、上司が部下の指導にも生かしています。

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1277文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。