ニュースアプリ最新事情

人の手を介するニュースの再編成が価値を高める

まつもとあつし・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
LINE NEWS編集長の末弘良雄氏
LINE NEWS編集長の末弘良雄氏

 複数のニュースを人の手でまとめたり、マガジン形式に再編して配信したりと、とにかく人間臭いLINE NEWS。1日平均150件のニュースを届けるべく、今回話を聞いた末弘良雄編集長もニュース配信のシフトに加わり、新聞社や通信社のようにニュース中心の働き方をしている。「人と情報をつなげる」ことに対するこだわりと、その理由に迫った。

 前回、LINE NEWSが配信する「LINE NEWSマガジン」を取り上げた。ユーザーの趣味と嗜好(しこう)に応じて、おおよそ週1回、雑誌のような形式で情報を届けている。ストレートニュースでは取り上げられることが少なく、スマホでは敬遠されがちな少し長めのコラムやインタビューなどに、新たな価値を与えられる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1626文字)

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。