東芝問題リポート

東芝が抱える「アキレスけん」ウェスチングハウス

編集部
  • 文字
  • 印刷
東芝不正会計問題の第三者委員会の会見=2015年7月21日
東芝不正会計問題の第三者委員会の会見=2015年7月21日

第三者委報告書が明かさなかった謎(1)

 東芝の不正会計の謎は深まるばかりだ。なぜ、東芝の歴代社長は、あれほど執拗(しつよう)に利益水増しを部下に求めたのか。なぜ、監査法人は利益水増しに「気付かなかった」のか。

 当編集部は、7月21日に全容が公表された第三者委員会の報告書の中身を3回にわたってリポートした。しかし、謎は報告書を何度読んでも解き明かされない。そこで我々は発想を逆転させた。報告書に書かれていないことにこそ、東芝不正会計の真相が隠されているのではないか、ということだ。

 報告書は東芝の歴代社長が過剰な利益を各事業部門の幹部に要求し、不正会計が組織的に行われたと認定した…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2080文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz