NTTデータなど3社のデモンストレーション
NTTデータなど3社のデモンストレーション

IT・テクノロジーロボットと人間とミライ

「ロボットに何をさせるか」アプリ開発競争が続く

石川温 / ジャーナリスト

NTTデータなど3社が実証実験

 NTTデータ、NTT、それにロボット開発のヴイストン(大阪市西淀川区)の3社は、センサーとロボットを連携させ、新たなサービスの実現に向けた共同実験を行うと発表した。

 最近、ロボット市場へ参入する企業が増えているが、NTTデータが強みとしているのが「クラウド」だ。

 ロボットが内蔵する人感センサー、画像センサー、加速度センサー、GPS、モーションセンサーなどから得られたデータをクラウドに集約する。状況や物体、空間などを認識し、分析することで、ロボットに動きを与えるものだ。ロボット単体ではなく、複数のデバイスやロボットが登場し、高度な処理を行うことを研究していくという。

 共同実験に使用するロボットはヴイストンが販売する「Sota(ソータ)」に、音声認識を高めるようにイ…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1571文字)

石川温

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。