部下を伸ばす上司 ダメにする上司

場当たり的、属人的なリスク対応がトラブルの種

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 部下のリスク管理がうまい上司は、客観的でドライに部下の日々の業務を観察し、リスクを見抜きます。どのように見抜くのか、リスクを網羅的に洗い出す評価軸とその活用方法を2回にわたって紹介します。

上司が知っておきたい部下の仕事のリスク評価軸

 部下に仕事を任せる際にはリスクがつきものです。部下が仕事をこなす技量を持っているか、成し遂げられるかは、実際にやらせてみなければ分かりません。どんなリスクがあるのかを予測するのも難しいでしょう。

 IT業界でも、部下に対して「プログラミング言語の経験が浅いけど大丈夫?」「他のプロジェクトと作業が…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1378文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。