シゴト勘が身につく15の方法

結婚しても働きたい女子3割 育児との両立に不安?

羽田啓一郎・マイナビ キャリアデザイン推進課長
  • 文字
  • 印刷
左から、上智大の小樋井さん、経産省の福地さん、東京理科大の小池さん、お茶の水女子大の中山さん
左から、上智大の小樋井さん、経産省の福地さん、東京理科大の小池さん、お茶の水女子大の中山さん

 「就職し、数年で結婚して専業主婦になる」と考える女子学生はまだまだ多い。MY FUTURE CAMPUS(MFC)が実施した女子学生対象のキャリア観調査(有効回答数644件)では、「結婚しても働きたい」という回答は29%しかなかった。「結婚その後退職」というキャリア観は依然根強い。

 MFCは経済産業省が主催する「ダイバーシティ経営企業100選」と連携し、2013年から「Girls 1Day」というイベントを開いている。

 ダイバーシティとは、多様な人材を活用し、生産性を高めるマネジメントを指す言葉。マイノリティーの就業…

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1665文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

羽田啓一郎

マイナビ キャリアデザイン推進課長

1979年神奈川県生まれ。2003年立命館大学を卒業後、毎日コミュニケーションズ(現マイナビ)に入社。就職情報サイト「マイナビ」を運営する就職情報事業部を経て、11年4月からキャリアデザイン推進課長。13年から「MY FUTURE CAMPUS」を主宰している。同志社女子大学嘱託講師も務める。