経済プレミア・トピックス

スカイマーク再建でデルタ完敗、賛同広がらず

編集部
  • 文字
  • 印刷
記者会見で質問に答えるANAホールディングスの長峯豊之取締役執行役員(手前)=国交省で2015年8月5日
記者会見で質問に答えるANAホールディングスの長峯豊之取締役執行役員(手前)=国交省で2015年8月5日

 ANAの支援を柱とする「スカイマーク案」か、米デルタ航空を軸とする「イントレピッド案」かで債権者の投票が行われたスカイマークの再建計画案は、スカイマーク案に軍配が上がった。

 経営破綻して民事再生手続き中のスカイマークの債権者集会が5日、東京地裁で開かれた。二つの案について、債権者数、債権総額の両方で過半数の賛成を得る必要があったが、いずれもスカイマーク案が過半数を占め、イントレピッド案には賛成の輪が広がらなかった。

 債権者は193人おり、この日の債権者集会には174人が出席。スカイマーク案の賛成は135.5人で約…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1205文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz