マンション・住宅最前線

最近の一戸建てに見る住宅進化のしるし

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
リーフィア町田小山ヶ丘の街並み
リーフィア町田小山ヶ丘の街並み

 住宅は、マンションのほうが進化が速く、一戸建てはゆっくり……というよりも、一戸建ては旧態依然で進化していない、と思われがちだ。確かに、地上50階を超える建物を造ったり、コンシェルジュが常駐するマンションが登場したりすることと比べると、一戸建ては変化していないように見える。

 しかし、進化の歩みをとめているわけではない。目立たないが、確実に、新しい試みが採用されているのだ。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1485文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。