ロボットと人間とミライ

吉本興業がペッパーに教える「ボケとツッコミ」

石川温・ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
Pepperと漫才を繰り広げるよしもとロボット研究所の山地所長
Pepperと漫才を繰り広げるよしもとロボット研究所の山地所長

 ソフトバンクが手がける感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」は、独特のギャグセンスを持つなど、ユーモアに富んだ会話ができるのが特長だ。

 これまでのロボットといえば、産業用として、人の代わりに作業するといった用途が中心であったが、Pepperにはそうした力は皆無だ。しかし、「エンターテインメントロボット」として高い評価を得ている。

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文1956文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

石川温

ジャーナリスト

1975年、埼玉県生まれ。中央大学商学部を経て、98年、日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社。日経トレンディ編集部で、ヒット商品、クルマ、ホテルなどの取材を行ったのち、独立。キャリア、メーカー、コンテンツプロバイダーだけでなく、アップル、グーグル、マイクロソフトなどの海外取材、執筆活動を行う。テレビやラジオなどでのコメント出演も多い。メルマガ「スマホ業界新聞」を配信中。