部下を伸ばす上司 ダメにする上司

値札を付けないリスク対策は絵に描いた餅だ

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 今回は、リスク対策のまとめです。リスク対策は、必ずコストとセットで組み立てなければなりません。あるIT開発プロジェクトマネジャーの失敗事例をもとに、その理由をお伝えします。

リスク対策は立てたが、予算がない

 このプロジェクトマネジャーは、プロジェクト開始を前にリスク評価をしました。するとメンバーが仕事に不慣れで、計画通りの生産性を出せない懸念があることが分かりました。そこで、万一メンバーの仕事が遅れるようなら、一部の作業を外部に発注して遅れを防ぐ対策を立て、上司の了承も得ました。

 プロジェクトが始まってみると、案の定、メンバーの作業に遅れが発生しました。プロジェクトマネジャーは…

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1595文字)

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。