経済プレミアインタビュー

「3000億円」新国立競技場は撤回後も迷走

編集部
  • 文字
  • 印刷
毎日新聞社でスポーツ担当の論説委員を務める落合博さん=田中学撮影
毎日新聞社でスポーツ担当の論説委員を務める落合博さん=田中学撮影

新国立競技場 迷走の背景・落合博論説委員に聞く(1)

 混乱と迷走の末、白紙撤回された新国立競技場の整備計画について、政府の関係閣僚会議が8月中に新たな計画を公表する。撤回されなければ3000億円を超すと言われた総工費は、いったいいくらまで抑えられるのか。そもそも51年前の東京五輪で使われ、「レガシー(遺産)」の先駆けでもあった旧国立競技場を取り壊す必要があったのか。

 毎日新聞のスポーツ担当の論説委員の落合博さんは、この3年半にこの問題で社説を11本書いてきた。その…

この記事は有料記事です。

残り2592文字(全文2826文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz