世界の乳幼児教育、行ってみたらこうだった!

赤ちゃんの五感を本物で刺激する 英国「ナニー」流教育

轟麻衣子・株式会社ポピンズ取締役
  • 文字
  • 印刷
トレジャーバスケットで遊ぶ赤ちゃん=ポピンズ提供
トレジャーバスケットで遊ぶ赤ちゃん=ポピンズ提供

英国編(2)

 イギリスのノーランド・カレッジは、ヨーロッパ各国の王室や上流家庭の子供たちのナニー(子供のお世話をする育児や教育の専門家)の養成校です。「ノーランダー」と呼ばれる卒業生が実践する乳幼児教育のメソッドには、学ぶべき点が多々あります。

 今回は、生後6カ月ほどから始める「トレジャーバスケット」について詳しくお伝えします。

この記事は有料記事です。

残り2200文字(全文2365文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

轟麻衣子

株式会社ポピンズ取締役

東京都生まれ。12歳で英国の名門寄宿舎学校に入学。1998年、ロンドン大学を卒業後、メリルリンチ(ロンドン)に入社。シャネル(パリ本社、日本支社)などを経て、INSEAD(フランスを拠点とするビジネススクール・経営大学院)でMBAを取得。その後、デビアス(ロンドン)で勤務後、2010年、ポピンズ顧問、12年から現職。2児の母親。