メディア万華鏡

安倍内閣支持率「32%」は何を意味するか

山田道子・毎日新聞紙面審査委員
  • 文字
  • 印刷

 毎日新聞が8月8、9日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率が、7月の前回調査から3ポイント減の32%になった。「週刊ポスト」8月21・28日号は「永田町では『30%台で黄信号、20%台は危険水域、20%割れで退陣』と言われる」と指摘。<もし今、衆参ダブル選挙なら安倍自民、大敗!>との議席予測記事を掲載するまでになった。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1628文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。