マンション・住宅最前線

不動産会社も実験する先端都市「柏の葉」

櫻井幸雄・住宅ジャーナリスト
  • 文字
  • 印刷
空から見た柏の葉スマートシティ
空から見た柏の葉スマートシティ

 今、首都圏で最も新しい街づくりが行われている場所はどこか。豊洲、品川、中野……数ある候補のなかから私が選ぶのは、千葉県柏市のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺。三井不動産グループが主体となり、大学、自治体、多くの企業と力を合わせ、地球環境に配慮したスマートシティー構想による街づくりが行われている場所だ。そこでは、次々と新しい試みが登場している。

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1651文字)

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。