ビジネスマンの投資術

米雇用統計を練習材料に、市場反応を予測してみる

広木隆・マネックス証券チーフ・ストラテジスト
  • 文字
  • 印刷

 前回は、株価が「上がるか、下がるか」だけでなく、上がった場合のプラスのリターンと、下がった場合のマイナスのリターンを上昇・下落それぞれの確率に掛け合わせた「期待値」というものをベースに投資判断を行うプロの思考法を紹介した。

 そして「少しずつでも、こうした思考法ができるように練習していってほしい」と結んだが、今回は、実際にどういうケースで練習を積むことが可能かについて述べよう。

この記事は有料記事です。

残り1945文字(全文2135文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

広木隆

マネックス証券チーフ・ストラテジスト

1963年、東京都生まれ。上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社などの運用機関でファンドマネジャーを歴任。2010年から現職。経験と知識に基づいた金融市場の分析を行う。著書に「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)など。マネックス証券ウェブサイトで、最新ストラテジーレポートが閲覧できる。http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G903/strategy/index.htm