部下を伸ばす上司 ダメにする上司

変革への「社内の抵抗」を防ぐ四つの処方箋

細川義洋・ITコンサルタント
  • 文字
  • 印刷

 今回は「チェンジマネジメント」について解説します。前回お伝えしたとおり、組織や仕事のやり方、ツールを変える際に社内の抵抗がある場合、変更当初の生産性の落ち込みを少なくし、早く改善効果を得るための手法です。

 決して目新しいものではありませんが、私が勤めていた外資系IT企業では、頻繁に行われていました。実際に効果が上がっていた手法です。

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1476文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。