最適メディアライフ

30日間無料「抱き合わせ商法」をいつまで続けるのか

北俊一・野村総合研究所上席コンサルタント
  • 文字
  • 印刷
東京都内で=関口純撮影
東京都内で=関口純撮影

 ケータイを買い替える際、いくつかのオプションサービスや、アプリの契約を勧められた経験がある人は多いだろう。中には割引の条件として、半ば強制的に契約させられるケースもある。

 強制ではなく、「消費者からちゃんと承諾を得ていますよ」という証拠を残すため、契約書類の□マークに、説明したことを示すチェック「レ」を入れることから、“レ点商法”とも呼ばれている。いわゆる抱き合わせ的販売だ。2014年度下期にエスカレートして苦情相談が増加し、問題視されて若干下火にはなったが、量販店や併売店を中心にいまだに続いている。

この記事は有料記事です。

残り1928文字(全文2182文字)

北俊一

野村総合研究所上席コンサルタント

1965年、横浜市生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。90年株式会社野村総合研究所入社。四半世紀にわたり、情報通信関連領域における調査・コンサルティング業務に従事。専門は、競争戦略、事業戦略、マーケティング戦略立案及び情報通信政策策定支援。総務省情報通信審議会専門委員。