「学ぶこと働くこと」現代就活模様

歯にそぼろをつけて合格したラジオ局女子アナの明日

内山勢・毎日新聞キャンパる編集長
  • 文字
  • 印刷

アナウンサーを目指した笑いと涙の就活物語(3)

 受験した関東のラジオ局は、吉田理香さん(仮名)の祖母が住んでいた県にあり、なじみがあった。ラジオ局の受験は初めてだった。

 面接では、これまでテレビ局では聞かれなかった、吉田さんが聞いてほしかった質問をいくつもされた。「この会社、相性合うかも」と思っているうちに、とんとん拍子に最終面接まで進んだ。

 自宅から特急電車で最終面接に向かう途中、おなかがすいていたので、一番好きな鶏炭火焼き弁当を買った。…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1439文字)

内山勢

毎日新聞キャンパる編集長

1983年、毎日新聞社入社。山形支局を振り出しに、週刊「サンデー毎日」、大阪本社社会部、東京経済部各記者、週刊エコノミスト編集委員、BS11プロデューサーなどを経て、2010年4月から、毎日新聞夕刊で大学生が紙面を作る「キャンパる」の編集長。宇都宮大学と静岡大学で客員教授。