決算書で読み解く企業のリアル

美容部員正社員化で売上増目指す資生堂とコーセー

高下淳子・税理士
  • 文字
  • 印刷
資生堂歴代ビューティーコンサルタント(美容部員)の制服などを紹介したイベント=2014年10月24日
資生堂歴代ビューティーコンサルタント(美容部員)の制服などを紹介したイベント=2014年10月24日

化粧品業界各社の決算比較(3)

 前回に続き、化粧品事業を専業としている資生堂とコーセーの前期の損益計算書をもとに、業績と経営方針を比較します。今回は、両社の従業員数と海外展開の状況を取り上げます。

 海外ビジネスについては、両社ともに、前期決算で特別損失を計上しています。資生堂は中国店舗の在庫適正化に伴う費用を11億円、コーセーは中国事業にかかる事業整理損11億円を、それぞれ損失計上しているのです。

 中国でのビジネスは、両社ともに苦戦している様子がうかがえますが、どのように巻き返しを図るのでしょう…

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1750文字)

高下淳子

税理士

税理士・米国税理士・ファイナンシャルプランナー。外資系コンサルティング会社(監査法人)に勤務ののち独立開業。税務会計顧問業、経営コンサルティング業の他、各地の金融機関、シンクタンク等の講演・セミナー講師、企業内研修の企画実施などで活躍している。著書に「とにかく、みんなで考えよう! 日本の借金 わが家の税金 わたしの年金」(中央経済社)などがある。