経済プレミアインタビュー

企業にブランド力がないのが中国の弱さだ!

編集部
  • 文字
  • 印刷
中国経済の実態について解説する富士通総研の柯隆(か・りゅう)・主席研究員
中国経済の実態について解説する富士通総研の柯隆(か・りゅう)・主席研究員

 中国経済の実態について、不透明感が広がっている。富士通総研の柯隆(か・りゅう)・主席研究員(51)は、「中国の企業はブランド力がなく、自前の技術がない」と中国産業界の問題点を指摘し、市場を独占する国有企業の民営化がどうしても必要だと強調する。柯隆氏のインタビューを3回に分けて掲載する。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長、写真は川村彰】

この記事は有料記事です。

残り1890文字(全文2060文字)

編集部

長く経済分野を取材してきた川口雅浩・毎日新聞経済部前編集委員を編集長に、ベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz