"中国経済の急減速に日本企業はどう対処すべきか"をテーマに語る柯隆(か・りゅう)富士通総研主席研究員

政治・経済経済プレミアインタビュー

日本企業は中国で情報収集力があまりにも弱すぎる

編集部

中国経済の実態は? 柯隆氏に聞く(3)

 中国と日本の経済は切っても切れない関係にある。中国経済が急減速しているいま、中国に進出した日本企業はどう対処すればいいのか。富士通総研の柯隆(か・りゅう)主席研究員(51)のインタビュー最終回をお届けする。【聞き手は今沢真・経済プレミア編集長、写真は川村彰】

 ──日本企業はこの先、中国にどう向き合えばいいでしょうか。

 ◆スハルト時代のインドネシアでも、マルコス時代のフィリピンでも、日本企業はそこで頑張っていた。「い…

この記事は有料記事です。

残り2618文字(全文2847文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz